社会福祉協議会について

社会福祉協議会について

 

 

 社会福祉協議会(しゃかいふくしきょうぎかい)は、民間において社会福祉活動を推進することを目的とした非営利民間組織です。昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に社会福祉法第109条で「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」と位置付けられています。略して社協(しゃきょう)と称されています。

 

  

 社会福祉協議会は、それぞれの都道府県、市区町村で、地域に暮らす皆様のほか、民生委員・児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加・協力のもと、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現をめざしたさまざまな活動をおこなっています。たとえば、各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金運動への協力など、全国的な取り組みから地域の特性に応じた活動まで、さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。

 

 

 忠岡町社会福祉協議会は、平成3年7月に社会福祉法人として設立され、忠岡町の福祉を住民のみなさまと一緒に考えながら「住み慣れた地域でいきいきと、健康で安心して暮らし続ける」まちづくりを目指している組織です。