人権相談

人権相談

暮らしの中で起こるさまざまな人権に関わる問題などをお聞きします。

誰にも話せない、どこに相談していいのかわからないと悩まれている方は、ぜひお気軽にご相談ください。(電話相談可)

  

日時:毎週月・火・水・木・金曜日(祝日・年末年始を除く)

9時~17時30分(申込不要)

 

場所:役場5階 企画人権課

 

電話:0725-22-1122

 

子どもに関する問題については、健康こども課にご相談ください。

高齢者・障がい者に関する問題については、高齢介護課・地域福祉課にご相談ください。

 

 

その他、相談機関をご紹介いたします。

(女性相談については、こちらの別ページに記載しています。)

(DV等に関する相談については、こちらの別ページに記載しています)

 

○みんなの人権110番(法務省)

差別や虐待、パワーハラスメントなど、様々な人権問題についての相談を受け付ける相談電話です。

電話は、おかけになった場所の最寄りの法務局・地方法務局につながります。

時間:8時30分~17時15分(土、日、祝日・年末年始は除く)

電話:0570-003-110

ホームページはこちら

 

 

○インターネット人権相談受付窓口/Human rights counseling services in foreign languages(法務省)

相談フォームに氏名、住所、年齢、相談内容等を記入して送信すると、最寄りの法務局から後日、メール、電話又は面談により回答します。

24時間いつでも利用できます。

外国語(英語、中国語、韓国語、フィリピノ語、ポルトガル語、ベトナム語、ネパール語、スペイン語、インドネシア語、タイ語)での相談可能です。子どものためのSOS-e メールもあります。

アクセスからはこちら

 

 

○子どもの人権110番(法務省)

いじめ・虐待など子どもの人権問題に関する相談を受け付けます。子どもだけでなく、大人もご利用可能です。

電話は、おかけになった場所の最寄りの法務局・地方法務局につながります。

時間:8時30分~17時15分(土、日、祝日・年末年始は除く)

電話:0120-007-110

ホームページはこちら

 

 

○外国人人権相談ダイヤル/Foreign-language Human Rights Hotline(法務省)

日本語を自由に話すことができない方からの人権相談に応じるため、専用の相談電話(ナビダイヤル)を設置しています。

電話は、民間の多言語電話通訳サービス提供事業者に接続の上、最寄りの法務局・地方法務局につながります。

時間:9時~17時(土、日、祝日・年末年始は除く)

電話:0570-090911

ホームページはこちら 

 

  

○よりそいホットライン(厚生労働省・社会的包摂サポートセンター)

誰でもご利用いただける悩み相談窓口です。暮らしの悩み事や性別の違和に関することなど、どんなひとの悩みにもよりそって、一緒に解決する方法を探します。

電話相談だけではなく、FAX・チャット・SNSによる相談に対応しています。外国語(英語、中国語、韓国・朝鮮語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語、ネパール語、インドネシア語)での相談も可能です。

24時間いつでも利用できます。(外国語対応は、10時~22時)

電話:0120-279-338

(音声ガイダンスにつながりますので、該当する番号を押してください。)

ホームページはこちら

 

 

○チャイルドライン(厚生労働省・チャイルドライン支援センター)

18歳までの子どものための相談先です。

かかえている思いを誰かに話すことで、少しでも楽になるよう、気持ちを受けとめます。あなたの思いを大切にしながら、どうしたらいいかを一緒に考えていきます。

電話だけでなく、チャットでの相談にも対応しています。詳しくは、ホームページでご確認ください。

時間:16時~21時(年末年始を除く)

電話:0120-99-7777

ホームページはこちら

 

 

○人権相談窓口(大阪府・大阪府人権協会)

さまざまな人権問題のご相談を受け、その問題に応じた情報提供や適切な相談の紹介など、問題解決の一助となる応援に取り組んでいます。 
電話相談・面接相談の他、メール、手紙・ハガキ等、FAXでも相談をおこなっております。

相談をスムーズに受けられるよう『手話通訳利用サービス』『一時保育サービス』を実施しています。(事前申込要※詳細はホームページ参照)

電話・面接相談時間:(平日)月~金曜日 9時30分~17時30分※祝日・年末年始を除く

          (夜間)火曜日 17時30分~20時※祝日・年末年始を除く

          (休日)第4日曜日 9時30分~17時30分

電話(相談・予約先):06-6581-8634

また、「出張相談」や「専門相談」もおこなっています。(※詳細はホームページ参照)

ホームページはこちら

 

  

○弁護士による無料電話相談(総合法律相談センター)

大阪弁護士会による人権被害の法律相談を電話で行うことができます。

相談内容によって相談日・相談時間が異なりますので、お確かめの上、お電話ください。

電話:06-6364-6251

ホームページはこちら

LGBTsのための電話相談:第4月曜日 16時~18時

 さまざまな性的指向や性自認を有する方(セクシュアルマイノリティ・性的マイノリティ)のための専門電話相談です。
 家族や周りの方からの相談も受け付けます。

犯罪被害者弁護ライン:火曜日 15時~18時

 犯罪の被害者やその家族など周りの方々に対し、電話相談を通じて悩みの解決や被害回復を支援します。

子ども何でも相談:水曜日 15時~18時

          第2木曜日 18時~20時

 いじめ、体罰、校則、登校拒否など子どもの人権に関する法律相談を受け付けます。

外国人の人権電話相談:第2・第4金曜日 12時~17時

 在留資格や雇用などの問題に限らず、外国人の人権に関することであれば、どのような法律相談でも結構です。英語、朝鮮語(韓国語)、中国語のできる弁護士も担当しています。

 

 

○ひまわり電話相談(高齢者・障害者総合支援センター

大阪弁護士会による無料電話相談は、ご本人が高齢者か障がい者であれば、相談内容はどのようなものでも結構です。
必要に応じて、来館、出張相談の申し込みを行うことも可能です。

時間:月~金曜日(祝日除く) 13時~16時

電話:06-6364-1251

ホームページはこちら

 

 

ハンセン病回復者と家族のための相談・支援窓口(ハンセン病回復者支援センター)

電話:06-7506-9424

ホームページはこちら