骨粗しょう症検診(30歳以上の住民)

■骨粗しょう症検診

皮膚と同じように骨も、絶えずつくり替えられています。古い骨を壊して新しい骨をつくる「骨代謝」がバランスよく繰り返されることで、健康な骨が保たれています。しかし、加齢などが関係し、骨の材料となるカルシウムの吸収率が下がり、骨はだんだんと弱くなります。特に閉経後の女性は、女性ホルモンの減少に伴い、骨の中のカルシウムの量が少なくなるため特に注意が必要です。定期的に検診を受け、自分の骨の状態を知っておきましょう。

 

【対象】年度末年齢において、30歳以上の住民

【内容】腕のレントゲン撮影

【受診料】500

【受診方法】

★集団健診(保健センターで実施、事前に予約が必要です。)

 

★個別健診(町が委託している検診機関で実施)

令和4年5月16日~令和5年331日まで、実施機関へ直接お申し込みください。

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、緊急事態宣言が発令された場合は中止となることがあります。

 

*詳細については、広報および『住民健診のご案内』、医療機関のご案内でご確認ください

 

受診の際の注意事項】

 検診を受診される際は以下の要件を必ずご確認ください。

 

 □検診受診日に、忠岡町に住民票がある

 □同一年度において、1回目の受診である(各健診)

 □検診受診日当日に忠岡町に住民票がない、または年度内に同じ検診を2回以上受診した場合は、検診の費用は全額自己負担となります。