避難情報について

令和3年4月28日に「災害対策基本法等の一部を改正する法律」が成立し、令和3年5月20日から改正法が施行されたことを踏まえ、避難勧告は廃止され、これまでの避難勧告のタイミングで避難指示を発令いたします。

 

 主な見直し内容については以下のとおりです。

 

(1)避難勧告と避難指示については避難指示に一本化し、従来の避難勧告のタイミングで「警戒レベル4避難指示」を発令※「警戒レベル4避難指示」で必ず避難してください。
(2)災害が発生・切迫し、避難場所等への避難が安全にできないと考えられる状況で、自宅や近隣の建物等で直ちに身の安全確保が必要な場合に「警戒レベル5緊急安全確保」を発令
(3)立退き避難に時間を要する高齢者等に早期避難を促すため「警戒レベル3高齢者等避難」を発令

 

避難指示で必ず避難

避難行動判定フロー

避難行動判定フロー(小学生向け)

知っておくべき5つのポイント

 

住民の皆様におかれましては、町から「避難指示(警戒レベル4)」が発令された場合は、避難所や親戚・知人宅などの安全な場所へ必ず避難※していただきますようお願いいたします。

ただし、高齢者や障がいをお持ちの方など、避難に時間のかかる方におかれましては、「高齢者等避難(警戒レベル3)」が発令された場合は、必ず避難※していただきますようお願いいたします。

 

※「避難」とは、「難」を「避」けることであり、役場や小学校や中学校の避難所に行くことだけではありません。安全な親戚・知人宅への避難や、浸水リスクがないなど安全を確認した上での自宅での避難(在宅避難)も考えられます。日頃から、安全な避難先や取るべき行動について、ご検討いただきますようお願いします。

 

防災気象情報と警戒レベルとの対応について(気象庁)