下水道事業について

社会資本整備計画について

  忠岡町では、快適で利便性の高い生活・都市基盤の充実を目指すため、「忠岡町公共下水道整備計画」を作成し、効率的・経済的な下水道整備と既存施設の長寿命化の推進に取り組んでおります。

 

 ≪計画期間(平成27年度 ~ 平成31年度)≫(期間終了)              

  ・忠岡町公共下水道整備計画(重点計画)(pdf)     ・事後評価(令和2年度実施)  

    忠岡町公共下水道整備計画(防災・安全)(pdf)      ・事後評価(令和2年度実施) 

 ≪計画期間(平成30年度 ~ 令和4年度)≫                                         

  忠岡町公共下水道整備計画(重点計画)(防災・安全)(pdf)     ・ 中間評価(令和2年度実施)

 ≪計画期間(令和2年度 ~ 令和6年度)≫

    忠岡町公共下水道整備計画(その2)(pdf) 

 

社会資本のストック効果・経営戦略について

  本町下水道事業における社会資本整備のストック効果事例・経営戦略をご紹介します。

      ストック効果資料(PDF)  生 産 性 革 命(PDF)  経営戦略(PDF)

 

内水浸水想定区域図について

 忠岡町下水道課では、内水冠水被害を防ぐため、下水道施設(雨水排水施設)の整備を進めておりますが、その整備には莫大な費用と時間がかかります。そこで、内水冠水被害を軽減するためのソフト対策として、令和元年度に過去最大の降雨量(1時間最大降雨強度74.0(㎜/h))で、町独自の「内水浸水想定区域図」を作成いたしました。