洪水浸水想定区域図(平成31年3月大阪府公表)

 

大阪府では、これまで河川整備の目標である計画規模降雨による洪水浸水想定区域を公表していましたが、平成27年5月の水防法の改正を受け、想定し得る最大規模の降雨(1/1,000年程度の降雨)により、府が管理する河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を「洪水浸水想定区域」として新たに指定されており、大津川水系(大津川、槇尾川、東槇尾川、父鬼川、松尾川、牛滝川)の「洪水浸水想定区域図」が公表されました。

 

【大阪府】洪水浸水想定区域図について

 

忠岡町が含まれる洪水浸水想定区域図

大津川水系洪水浸水想定区域図

想定最大規模の浸水深、計画規模の浸水深、浸水継続時間、家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流・河岸浸食)

1 [PDFファイル/14.49MB](外部サイト) (忠岡町該当:左記リンク内【拡大図1】【拡大図2】)

2 [PDFファイル/18.63MB](外部サイト) (忠岡町該当:左記リンク内【拡大図1】【拡大図2】)