忠岡町と岸和田市が消防指令業務の共同運用

岸和田市と忠岡町が消防指令業務の共同運用を開始します

 

消防指令業務の共同運用について

 令和3年2月26日より岸和田市消防本部内に「岸和田市忠岡町消防指令センター」を設置し岸和田市と共同で消防指令業務の運用を行います。

 消防指令業務とは、火災や救急事案等の119番通報を受けた指令員が、必要に応じた消防車両や救急車を災害現場に出場させる業務です。

 

共同運用をすることで期待できる効果

 (1)市町の境界付近で発生した災害では、岸和田市、忠岡町の管轄にとらわれず災害現場に最も早く対応できる隊に自動的に出場指令を行うことが可能となり、これまで以上に迅速な対応ができます。

 

(2)一方の消防本部において救急集中時、災害対応が可能な隊がなくなった場合、自動的にもう一方の消防本部の隊に出場指令を行うことができるため、今まで以上の防災体制となります。

 

 〈消防指令業務の共同運用(イメージ)〉

 

※消防指令センターが現場に最先着できる隊を自動的に判断して出場指令を行い、出場可能な隊がいない時は、もう一方の消防本部の隊に出場指令を行うことが可能となり、的確かつ柔軟な消防体制が実現