小児用肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌による菌血症、細菌性髄膜炎などの重度の病気からお子さんを守ります。特に月齢の低い赤ちゃんは、髄膜炎にかかりやすいので、2~8ヶ月の間に接種を済ませておくことがお勧めです。これまでは任意接種となっていたので、接種費用の全額助成をしていましたが、平成25年4月1日より、法律に定められた定期予防接種になります。

■対象となるお子さん:生後2ヶ月~5歳まで(5歳のお誕生日の前日まで)

■接種場所:町内医療機関(町内医療機関のご案内をご覧ください)

      *入院中、遠隔地に滞在中、慢性疾患などのためかかりつけ医での接種が必要な場合など、やむを得ない理由で

       町内医療機関での接種ができない場合は、保健センターまでお問い合わせください。

■接種方法:お子さんが2ヶ月になったらできるだけ早く接種を開始してください。

        直接医療機関に来院し接種を受けてください。(事前に予約をしてください)

      ・2~7ヶ月未満に接種を開始した場合→27日以上の間隔をあけて3回接種し、12~15ヶ月で1回接種(計4回接種)

      ・7~12ヶ月未満に接種を開始した場合→27日以上の間隔をあけて2回接種し、12ヶ月を過ぎてから1回接種(計3回接種)

      ・1歳~2歳未満に接種を開始した場合→60日以上の間隔で2回接種

      ・2~5歳未満に接種を開始した場合→1回接種

*ヒブワクチン、4種混合ワクチンなどの他のワクチンとの同時接種については、接種する医療機関にお問合せください。

■費 用:無料

■副反応:注射部分の赤み、腫れ、しこり、痛みや発熱。特に発熱は、37.5℃以上の高熱が出ることがあります。

      まれに、ショックやアナフィラキシー様症状(じんましん、呼吸困難など)やけいれんが海外で報告されています。

■ご注意:接種後、重いアレルギー症状が起きることがありますので、接種後はすぐに帰宅しないで、

少なくとも30分は接種した医療機関で安静にして待機してください。

■備考:出生届時、保健センターにて窓口でお渡しします。

    お手元にない場合は保健センターまでお問い合わせください。