子宮頸がん予防ワクチン

 子宮頸がん予防ワクチンについて

  平成25年6月14日、厚生労働省から「子宮頸がんワクチンの副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期予防接種を積極的に勧奨すべきでない」との勧告があり、積極的な接種勧奨は差し控えられていましたが、令和3年11月26日付の厚生労働省の通知により、積極的な接種勧奨の差し控えが解除されました。ワクチンの有効性とリスク等を十分にご理解いただいたうえで、接種についてご判断いただきますようお願いします。接種を希望される場合は、母子健康手帳で接種歴を確認し、体調の良いときに接種を受けてください。


 

■定期接種対象年齢の方へ(小学6年生~高校1年生相当の女子)

→定期接種として、公費での接種が可能です。

 

■接種の機会を逃した方へ(平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女性)

→積極的な勧奨が差し控えられていた間に定期接種の対象であった方々に、令和4年4月~令和7年3月までの3年間、公費で接種できるようになりました。(キャッチアップ接種)

  【キャッチアップ接種】【平成9年度生まれ~平成17年度生まれ】までの女性へ(大切なお知らせ)

 

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がんの予防効果を高めます。子宮頸がんは発がん性HPVというウイルスが原因です。発がん性HPVには15種類ほどのタイプがあり、多くの女性が一生のうちに一度は感染するごくありふれたウイルスで、感染しても多くは一時的で自然に排除されます。感染した状態が長く続くことによって、子宮頸がんを発症することがあります。

子宮頸がん予防ワクチンは、発がん性HPVのうち、子宮頸がんの原因として最も多いHPV16,18型の2種類のウイルスの感染を予防します。子宮頸がんの患者さんの約60%からこの2種類のウイルスが見つかっています。子宮頸がんの発症は、20代以降に多くなります。発がん性HPVの感染の可能性が低い10代に、子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、子宮頸がんの予防効果が高まります。

*このワクチンでは、発がん性HPV16型と18型以外のウイルスの感染を予防することはできませんので、子宮頸がんの発症を100%防ぐものではありません。20歳以上になったら、少なくとも2年に1回は、子宮頸がん検診を受診してください。

・接種の対象となる方:小学6年生~高校1年生相当の女子

           キャッチアップ接種対象者

・接種場所:町内医療機関(町内医療機関のご案内参照)

・接種方法:ワクチンは下記の2種類があります。全部で3回接種が必要ですが、ワクチンによって受け方は異なります。

 ◇サーバリックス…HPV16,18型による疾患を予防

            疾患名:扁平上皮細胞がん、腺がん、がん前駆症状(子宮頸部上皮内腫瘍)

            1回目の接種から1ヶ月後に2回目、1回目の接種から6ヶ月後に3回目と、合計3回接種

            【1回目→(1ヶ月)→2回目→(5ヶ月)→3回目】           

 ◇ガーダシル…HPV6,11,16,18型による疾患を予防

            疾患名:扁平上皮細胞がん、腺がん、がん前駆症状(子宮頸部上皮内腫瘍)、上皮内腺がん、

外陰上皮内腫瘍、膣上皮内腫瘍、尖圭コンジローマ

            1回目の接種から2ヶ月後に2回目、1回目の接種から6ヶ月後に3回目と、合計3回接種

            【1回目→(2ヶ月)→2回目→(4ヶ月)→3回目】

・費用:無料

・副反応:接種部位の強い痛み、発赤、腫れは両方のワクチンに共通する特徴的な副反応です。

       サーバリックス…胃腸症状、関節痛、頭痛、注射部位のかゆみ、発疹、じんましん、しこり、めまい、発熱、

上気道感染など

       ガーダシル…発熱、注射部位のかゆみ、出血、不快感、頭痛など

       *まれですが、失神、ふらつきが起きるときがあります。

       *重い副反応として、ショック、アナフィラキシー様症状(じんましん、呼吸困難)が現れることがあります。

・ご注意:重い副反応が起きた場合のために、接種後少なくとも30分は接種した医療機関において安静にして待機してください。

・子宮頸がん予防ワクチンについてのリーフレットについて

 HPVワクチン接種の対象年齢のお子様と保護者の方へ【概要版】

 HPVワクチン接種の対象年齢のお子様と保護者の方へ【詳細版】

 HPVワクチンを受けたお子様と保護者の方へ

 

■定期接種の対象年齢を過ぎてから、自費で子宮頸がん予防ワクチン接種を受けた方へ

積極的な勧奨の差し控えにより、定期接種の機会を逃した平成9年~4月2日~平成17年4月1日までの間に生まれた女性で、定期接種の対象年齢を過ぎて任意接種を自費で受けた方に対する費用の助成を行います。詳しくは、下記の案内をご覧ください。

 

 子宮頸がん予防接種にかかった費用の払い戻し(償還払い)について(案内)

 申請用紙】ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種費用償還払い申請書

 申請用紙(必要時)】ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種費用償還払い申請用証明書