国民年金の届出について

   

 下記の場合は、役場(保険課)へ届出をしましょう。

 

届出が必要なとき

必要なもの

退職などで厚生年金や共済年金の加入者でなくなったとき

個人番号、年金手帳、資格喪失票や退職日を証明する書類、印かん(認め印)

配偶者に扶養されていたが、配偶者が厚生年金、共済年金を辞めたとき

個人番号、年金手帳、扶養喪失日を証明する書類、印かん(認め印)

付加加入するとき

 

個人番号、年金手帳、印かん(認め印)

60歳以上で国民年金に加入するとき

個人番号、年金手帳、印かん(認め印)

 

日本国籍を有する人で海外に転出後も国民年金に加入するとき

個人番号、年金手帳、印かん(認め印)

 

任意加入したが、脱退したいとき

年金手帳、印かん(認め印)

年金手帳の再交付が必要なとき

 

運転免許証や健康保険証などの身分証明書、印かん(認め印)

※厚生年金または、共済年金に加入すると、国民年金の資格は喪失されます。役場への届出は不要です。