国民年金の制度について

 

  公的年金は、現役世代が保険料を納めて高齢者の生活を支えるという「世代間扶養」の仕組みをとっています。

  皆様が、いずれ迎えるであろう老後生活を世代が順送りで支えるものです。

  

  国民全体が保険料を出し合い、社会全体で支えていく仕組みが公的年金なのです。

  また20歳から60歳までの間は、国民年金への加入が義務付けられています。

  

  国民年金に加入して、保険料を納めたり、免除制度などを利用することによって

  将来65歳から支給される「老齢基礎年金」やケガや病気により障害が残ったときは

  「障害基礎年金」を、亡くなられたときにはその遺族に「遺族基礎年金」が支給されます。