国民健康保険の届け出について

 

加入するとき、やめるときは、14日以内に届け出が必要です。

 

加入の届け出が遅れると、保険料は加入の資格を得た月までさかのぼって

納めなければなりません。その間にかかった医療費は全額自己負担となります。

また、やめる届け出が遅れると、保険料が二重払いになってしまうこともあるので、

必ず14日以内に届け出ましょう。

 

平成28年1月から、手続きの際にマイナンバー(個人番号)が必要になります。

役場に手続きでお越しの際は、通知カードもしくはマイナンバーカードを持参してください。

 

加入するとき

 できごと  必要なもの
忠岡町に転入したとき(職場の健康保険に加入していない場合) 印かん(認め印)転出証明書
職場の健康保険をやめたとき ※  印かん(認め印)・健康保険等資格喪失証明書又は離職票等
こどもが生まれたとき 印かん(認め印)・保険証・母子手帳・直接支払制度合意書・出産した病院の領収書
生活保護をうけなくなったとき 印かん(認め印)・生活保護廃止通知書

 ※職場の健康保険の本人が75歳になり後期高齢者医療制度に移行することにより

  その被扶養者が国保に加入することになった場合を含む。

 

やめるとき

できごと 必要なもの
他の市町村へ転出したとき 印かん(認め印)・保険証(世帯全員分)・高齢受給者証(対象者のみ)
職場の健康保険に加入したとき 印かん(認め印)・保険証・高齢受給者証(対象者のみ)・職場などの保険証(加入者全員分)
死亡したとき 印かん(認め印)・保険証・高齢受給者証(対象者のみ)・葬祭を行った際の領収書等
生活保護を受け始めたとき 印かん(認め印)・保険証・高齢受給者証(対象者のみ)・生活保護開始通知書

 

その他の異動があったとき

できごと 必要なもの
町内で住所が変わったとき 印かん(認め印)・保険証・高齢受給者証(対象者のみ)
世帯主が変わったとき 印かん(認め印)・保険証(世帯全員)・高齢受給者証(対象者のみ)
世帯を分けたり、一緒にしたりしたとき 印かん(認め印)・保険証(世帯全員)・高齢受給者証(対象者のみ)
保険証をなくしたり、破損したとき 印かん(認め印)・本人確認がとれる書類(運転免許証、住民基本台帳カード、パスポートなど)