固定資産税とは
  固定資産税とは

 

 固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在の土地、家屋及び償却資産(これらを「固定資産」といいます。)の所有者に対し、その固定資産の価格をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村が課税する税金です。

 

  納税義務者
 毎年1月1日(賦課期日)現在の土地、家屋又は償却資産の所有者として固定資産課税台帳に登録されている方です。

 

 

土地

 

土地登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている方

 

家屋

 

建物登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている方

 

償却資産

 

償却資産課税台帳に所有者として登録されている方
 ただし、所有者として登記(登録)されている人が賦課期日前に死亡している場合等には、賦課期日現在で、その土地、家屋を現に所有している人が納税義務者となります。

 

  税率 

 

 固定資産税の税率は地方税法で通常の税率(標準税率)のみが決められており、各市町村でそれぞれ定めることとされています。それをもとに各市町村は条例で税率を定めており、忠岡町の固定資産税率は標準税率1.4%です。

 

 
  価格の決め方

 固定資産を評価し、その価格を決定し、その価格を基に課税標準額(税額の算出のもととなるもの)を算定します。

 固定資産の土地と家屋の評価額は、3年に一度評価替えが行われます。このとき決められた評価額は、地目の変換、土地の分合筆、家屋の増改築などがあった場合を除き、原則として3年間据え置かれます。ただし、土地については、地価の下落がみられる場合に、基準年度以外の年度でも価格を修正することがあります。償却資産については、毎年、個々の資産の取得価額を基礎として、取得後の経過年数に応ずる価値の減少(減価)を考慮して評価額が決められます。

 

  課税標準額

 原則として、その固定資産の1月1日現在の価格(評価額)です。しかし、住宅用地のように課税標準の特例措置が適用される場合や、土地について税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は価格よりも低く算定されます。

 参考 住宅用地の課税標準の特例について

 

  税額
 固定資産税課税標準額(1,000円未満切捨て)×税率(1.4%)= 税額(100円未満切捨て)

 

  免税点
 町内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。

 

 

土地

 

30万円

 

家屋

 

20万円

 

償却資産

 

150万円

   
   

 

  

  お問い合わせ

忠岡町役場 住民部税務課 固定資産税係

〒595-0805

大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-34-1

0725-22-1122(代表)