後期高齢者医療制度の概要について

                  

 

 平成20年4月から始まっている制度です。後期高齢者医療制度に加入すると、それまで加入していた国民健康保険などの各医療保険の被保険者から後期高齢者医療制度の被保険者へと移行し、医療給付等を受けることになります。

 この制度は、後期高齢者医療制度に加入している方々の医療を国民みんなで支えるしくみです。運営主体は、府内の全市町村が加入する「大阪府後期高齢者医療広域連合が行います。また、保険料の徴収、各種申請や届出の受付などの窓口業務は市町村が行います。

 

【広域連合が行うこと】 

 後期高齢者医療制度の運営全般を行います。

 ●被保険者証の認定・資格管理      ●被保険者証等の交付

 ●保険料の決定                ●医療等の給付

 ●保健事業(健康診査等)の実施  など

 

【市町村が行うこと】

 保険料の徴収、各種申請や届出の受付などの窓口業務を行います。

 ●保険料の徴収                        ●被保険者証等の引き渡し・回収

 ●被保険者資格の取得・喪失の届出の受付 ●各種申請受付

 ●制度に関する各種相談   など