木造住宅耐震設計補助

 【制度の概要】

 

 耐震設計とは、診断の結果住宅の耐震性が不十分だった場合に、耐震性を高めるために行う設計(計画)のことで、その設計費用の一部を補助する制度です。

 

・ 補助の対象は評点1.0未満のものを、1.0以上にする計画です

・ 耐震設計を行うと工事内容と費用がわかるので安心です

・ 補助は定額10万円、ただし、3割は自己負担、 自己負担の目安は5万円

・ 補助の対象は、昭和56年5月31日以前に建築確認を受けて建築された木造の住宅 (長屋、併用住宅、共同住宅を含む)

・ 現に居住又は使用しており、原則建築基準法の規定に適合している建築物 (賃貸住宅は対象となりません)

・ 耐震診断評点が1.0未満の木造住宅で、補強後の評点が1.0以上になるもの

・ 耐震設計完了後に「忠岡町木造住宅耐震改修補助金」の要綱に基づく耐震改修工事を実施するもの

 

【様 式】

 

 ・ 木造住宅耐震改修設計 事前協議書  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修設計 補助金交付申請書  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修設計 着手届  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修設計 完了報告書  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修設計 補助金交付請求書  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修設計 フローチャート  (PDF)