木造住宅耐震改修補助

 【制度の概要】

 

 耐震工事とは、耐震設計に基づき住宅の補強工事を行うことで、その工事費用の一部を補助する制度です。

 

・ 忠岡町の中間検査及び完了検査に合格したら補助金を受け取ることができます

・ 補助は定額70万円 (平成26年4月より) 補助対象世帯の月額所得が21万4千円以下の場合は、 定額90万円

・ 補助の対象は、昭和56年5月31日以前に建築確認を受けて建築された木造の住宅 (長屋、併用住宅、共同住宅を含む)

・ 現に居住又は使用しており、原則建築基準法の規定に適合している建築物 (賃貸住宅は対象となりません)

・ 耐震診断評点が1.0未満の木造住宅で、補強後の評点が1.0以上になるもの

   又は評点0.4未満の木造住宅で、一時的な措置として評点0.7以上まで高めるもの

・ 公的試験機関等で評価を受けた耐震シェルター(屋外に避難できるものに限る)

 

【様 式】

 

 ・ 木造住宅耐震改修工事 事前協議書 (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修工事 補助金交付申請書  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修工事 着手届  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修工事 中間検査申請書  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修工事 工事監理報告書  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修工事 工事完了届  (Word)

 ・ 木造住宅耐震改修工事 補助金交付請求書  (Word)

 ・ 木造住宅耐震補強工事 フローチャート  (PDF)