新型コロナウイルス感染症に伴う国民健康保険・後期高齢者医療保険の取扱いについて

2020年03月31日 14:36:16

 例年3月下旬から4月中旬は、引っ越し及び就職の住民異動手続きなどにより、国民健康保険窓口が大変混雑いたします。
 新型コロナウィルス感染拡大防止のためにも、来庁が必要な手続き、不必要な手続きについてご案内いたしますので、混雑緩和にご協力ください。

 

【来庁が必要な手続き】

・ 国民健康保険の加入、脱退関係

 加入、脱退の手続きは原則、加入脱退の事実が生じた日から14日以内に届出を行わなければなりませんが、やむを得ない届出等の遅延に関しましては、内容により個別に対応いたしますので、一度、保険課までお問合せください。

 

【来庁が不要な手続き】

・ 国民健康保険の給付関係(高額療養費支給申請、限度額適用認定証交付等)

 高額療養費支給申請、限度額適用認定証の交付申請については、郵送での申請が可能です。

 詳しくは保険課までお問い合わせいただくか、下記リンクをご覧ください。

 

 ■国民健康保険の給付について

 

・ 後期高齢者医療保険の給付関係(限度額適用認定証交付等)

 限度額適用認定証の交付申請については、郵送での申請が可能です。

 詳しくは保険課までお問い合わせください。

 

・ 国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の納付関係

 国民健康保険料の分納等の納付相談は、直接窓口へお越しいただいておりますが、当面の間、電話による相談も実施いたします。

 なお、電話による納付相談の場合、書類等の発送に日数を要することをあらかじめご了承ください。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少した世帯に対する保険料の減免

  •  新型コロナウイルス感染症の影響で収入が一定程度減少した世帯に対しては、令和2年2月分からの保険料の減免を行います。

  •  詳しくは下記のページをご覧ください。

  •  

 ◯新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料減免申請について(国民健康保険)

  

 ◯新型コロナウイルス感染症の流行に伴う後期高齢者医療保険料の減免について(後期高齢者医療)

 

新型コロナウイルス感染に対する傷病手当金

  •  新型コロナウイルス感染症に感染または感染の疑いがあったために仕事に従事できず、勤務先から給与が支払われなかった加入者に対しては、傷病手当金の支給を行います。

  •  詳しくは下記のページをご覧ください。

 

 ◯新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の給付について(国民健康保険)

  

 ◯新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金について(後期高齢者医療)

 

【新型コロナウイルス感染症に係る被保険者資格証明書】

 被保険者資格証明書を交付されている方が、新型コロナウイルス感染症の疑いで、帰国者・接触者外来を受診する場合や、帰国者・接触者外来において交付された処方せんにより保険薬局で療養の給付を受ける場合は、資格証明書を提示することにより、被保険者証を提示したときと同じ負担割合で受診することができます。

※1 その他の診療については、これまでどおり一部負担金は10割(全額自己負担)となります。

※2 この取り扱いは、令和2年3月診療分から適用されます。

※3 帰国者・接触者外来を受診する場合は、その前に新型コロナ受診相談センター(072-829-8455 平日9時から17時30分まで)にご相談ください。