農地の相続

 平成21年12月15日施行の改正農地法により、農地を相続等で取得した場合には、農業委員会にその旨を届け出ることが必要になりました。

 

届出が必要な場合

・相続(遺産分割、包括遺贈、相続人に対する特定遺贈を含む)

・時効取得

・農地の権利を持つ法人の分割又は合併

 

 

届出の際の注意事項

・農業委員会へは、権利の取得後およそ10か月以内に届け出てください。

・届出を行ったからといって、権利取得の効力を発生させたり保全したりするものではありません。。

・所有権移転登記等に代わるものではありません。それらの手続きは別途必要になります。手続き等に関しては法務局にお問い合わせください。

郵送での受け付けは行っておりません。 

 

 

届出に必要な書類

 届出書(2部)、公図、登録事項全部証明(土地登記簿謄本)、申請地の位置図(住宅地図等)