未熟児養育医療

 未熟児養育医療とは

 

  身体の発育が未熟なままで生まれた乳児が、指定医療機関において入院治療を受ける場合に、その治療に必要な医療費を公費により一部負担する制度です。給付を受けることができるのは、全国の指定養育医療機関での治療に限られます。なお、世帯の所得税額に応じて、自己負担金が生じます。

 

対象者

 

 忠岡町内に居住する乳児で、次にあげるいずれかの症状を有し、医師が入院治療を必要と認めた者。

 

 未熟児養育医療給付対象基準

1.出生時体重が2,000g以下の未熟児
2.生活力が特に薄弱であって、次に掲げるいずれかの症状を示すもの。
(1)一般状態

ア.運動不安、けいれんがあるもの。

イ.運動が異常に少ないもの。

(2)体温 摂氏34度以下
(3)呼吸器循環器系

ア.強度のチアノーゼが持続するもの、チアノーゼ発作を繰り返すもの。

イ.呼吸回数が毎分50を超えて増加の傾向にあるか又は毎分30以下のもの。

ウ.出血傾向の強いもの。

(4)消化器系

ア.生後24時間以上排便のないもの。

イ.生後48時間以上嘔吐持続しているもの。

ウ.出血吐物、血性便のあるもの。

(5)黄疸 生後数時間以内に現れるか、異常に強い黄疸のあるもの。(重症黄疸による交換輸血を含む)

 

 

必要書類

 

養育医療給付申請書

 

養育医療意見書(医師が記入)

 

世帯調書

 

誓約書

 

委任状

 

・乳児の加入予定の健康保険証

 

・源泉徴収票等所得税額のわかる書類

 (1月から6月までは前々年分、7月から12月までは前年分)

 

・申請者の本人確認書類及びマイナンバーが分かるもの 

 

・認印

 

【必要に応じて求めることがあるもの】

 

同意書

 

・その他

 

※ 転院、有効期限を超えての治療継続は、別途手続きが必要になります。