忠岡町の都市計画

区域区分

 

 本町における区域区分は次のとおりです。

 

行政区域

4.03ha

都市計画区域

市街化区域

 

 

 

 

 

 

用途地域

 

 本町における用途地域については次のとおりです。

 

種 類

面 積

建築物の

容 積 率

建築物の

建ぺい率

構成比

第一種中高層

住居専用地域

約   25    ha

20/10以下

6/10以下

6.5%

第二種中高層

住居専用地域

約     8.7 ha

20/10以下

6/10以下

2.3%

第一種住居地域

約   71    ha

20/10以下

6/10以下

18.4%

第二種住居地域

約   15    ha

20/10以下

6/10以下

3.9%

近隣商業地域

約     7.8 ha

20/10以下

6/10以下

2.0%

準工業地域

約 233    ha

20/10以下

6/10以下

60.4%

工業専用地域

約   25    ha

20/10以下

6/10以下

6.5%

合 計

約 386    ha

 

 

100.0%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防火地区及び準防火地区

 

市街地における火災の危険を防除するために、都市計画法で定める地域です。

 一定の建築物の構造を規制することによって不燃化を図り、大火災の発生を防止することを目的としています。

 本町においては、近隣商業地域のみ準防火地域に指定しています。

 

種 類

面 積

備 考

準防火地域

約7.8ha

 

  

臨港地区

 

本町域決定分

 ※港湾を管理運営するため定める地区で、大阪府が指定しています。

 臨港地区内に指定される分区によって用途規制があり、大阪府港湾局と協議が必要です。

 

詳しくは、大阪府港湾局にお問い合わせください。

 

名称

面積

阪南港臨港地区

約26.7ha

 

分区内訳

商 業 港 区

約 2.5ha

工 業 港 区

約23.2ha

修景更生港区

約 1.0ha

 

 都市施設

 

都市計画法第11条第1項各号に規定されている都市施設のうち本町で定めているものは、下記のとおりです。

 

◇道路

◇公園

◇緑地

◇公共下水道

◇ごみ焼却場

 

市街地開発事業

 

本町で実施した市街地整備事業は、第二阪和国道(現国道26号線)の建設計画がたてられたことに伴い、実施された土地区画整理事業があります。

第二阪和国道沿線部を中心に土地の整備が行われました。

 

名     称 第二阪和国道忠岡土地区画整理事業
面     積 約19.8ha
計画決定年月日 昭和40年10月1日
換地処分告知日 昭和54年5月18日