子育て世帯等住宅リフォーム補助制度

子育て世帯・若年夫婦世帯の住宅リフオームに補助をします

          ー平成28年6月1日より受付開始ー       (建設課)

 

若年層の転入及び定住促進を図るため、住宅リフォームを行われた「子育て世帯」

「若年夫婦世帯」に対し、リフォーム補助金を交付する制度を創設しました。

 

・平成29年度予算がなくなり次第終了となります。30年以降の実施は未定。

 

※工事着手前に手続きが必要です。工事着工後の申請は受付けることが出来ませんので、ご注意下さい

 

1.補助対象世帯 ○補助金の交付対象となる世帯は、次の各号に掲げる全ての要件を満たす世帯

 

□ 申請日時点で、同一世帯に小学校6年生以下の子どもがいる世帯。(申込者又はその配偶者

  と親子関係)又は、申請日時点で、申込者及びその配偶者(事実上婚姻関係を含む)共に満40

  歳未満でぁって、婚姻届出後5年以内の世帯で、子育て世帯でない世帯(子どものいない世帯)。

□ 平成28年4月1日からこの制度が終了する日までの間に補助対象住宅に居住している世帯。

 

2.主な要件 ○補助の対象となる住宅は、次の各号に掲げる全ての要件を満たす住宅

 

□ 忠岡町に住所を有することにより課税される町税を滞納していない。(世帯構成員すべて)

□ 補助申請日現在において、忠岡町内に定住する意思を持って居住している。

□ 暴力団員又は暴力団密接関係者でない。また、当該住宅は暴力団事務所ではない。

□ 建物登記簿に記載の所有者が申請者又は申請者の配偶者若しくは同一世帯の父母又は祖父母である。

□ 専用住宅又は併用住宅(床面積の2分の1以上が住宅)である。

□ 補助対象住宅の床面積が50平方メートル以上である。(併用住宅については居住の用に供される部分)

□ 建築基準法の規定に適合している住宅である。

□ 原則としてリフォーム工事着手前に補助申し込みを行う。

□ 補助対象となるリフォーム工事

  ○居住部分の増改築(建築確認申請が必要なものはその申請がなされているもの)

  ○外装工事(屋根の修繕、外壁の修繕、塗装替えなど)

  ○耐震補強工事と同時に行われるリフォーム(耐震改修補助金を受けた住宅部分を除く)

  ○バリアフリーリフォーム(①通路幅の拡幅 ②階段の勾配の緩和 ③浴室改良 ④便所改良

   ⑤手すりの取付け ⑥段差の解消 ⑦出入り口戸の改良 ⑧滑りにくい床材料への取替え)

  ○トイレの水洗化又は便器の取替えなど(公共下水道へ放流するものに限る)

  ○台所及び洗面所等の水回り改修(公共下水道へ放流するものに限る)

 

3.補助金の額

 

リフォーム工事金額

補助金額

忠岡町の居住者

町外よりの転入者

50万円以上100万円未満

80,000円

100,000円

100万円以上200万円未満

100,000円

120,000円

200万円以上

130,000円

150,000円

   ○申請者又はその配偶者の何れかが転入者の場合、上記表の「町外よりの転入者」に該当します。

 

4.交付申請時に必要な書類 

 

番号

必要書類等

摘 要 欄

備  考

忠岡町子育て世帯等住宅改修補助金交付申請書(様式1号)

・記載事項は添付書類と照合し正確に記入

・認印可

書類補正に対応するため申請書に使用した印鑑を持参して下さい

誓約書(様式2号)

 

 

 

住民票

・夫婦世帯員全員の続柄が記載されたもの

・発行日から1ヶ月以内のもの

役場1階住民課で取得

 

戸籍謄本 全部事項証明書

(若年夫婦世帯のみ提出)

・夫婦ともに満40歳未満の世帯のみ提出

・発行日から1ヶ月以内のもの

本籍地の役所で取得

 

建物登記簿の全部事項証明書

・受付日より3ヶ月以内のもの

・原本還付可(その場合写し提出)

大阪法務局岸和田支局で取得

インターネットでダウンロードしたもの不可

納税証明書

・世帯員全員の町税の納税証明書

・発行日から1箇月以内のもの

役場1階税務課で取得

転入等により町税がない場合不要

改修工事図面等

・工事内容がわかる図面又は写真等資料

・カタログ等

 

 

改修工事写真

・工事着手前の写真

・工事完成後の写真

プリンターでのカラー印刷可

 

リフォーム工事見積書の写し

(工事の詳細がわかるもの)

 

 

 

10

領収書の写し

 

 

 

11

住宅平面図

(併用住宅の場合のみ提出)

・居住用面積がわかる図面及び面積計算書

 

 

12

その他町長が必要と認める書類

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5.よくある質問(Q&A)

 

質  問

回  答

年齢要件は、いつの時点で判断するのですか

原則として、申請日で判断します

籍を入れてない「事実上婚姻関係」の夫婦ですが、補助対象になりますか

住民票で同居の事実が確認でき、事情発生後5年以内であれば補助対象になります

子供が上は中学生、下は小学生です、補助対象になりますか

小学生以下の子どもが一人でもいる場合は、補助対象となります

夫婦共40歳未満で子供は中学生です、補助対象となりますか

若年夫婦等の要件に外れるので、補助対象外です

賃貸住宅ですが、補助対象となりますか

補助対象外です

家屋所有権が親の名義となっていますが、対象となりますか

申請者、配偶者、父母又は祖父母の所有であれば、補助の対象となります

2世帯住宅の場合も、補助対象になりますか

補助の対象となります

どのようなリフォーム工事が対象になりますか

リフォーム工事の費用が50万円以上で、表面の2「主な要件」に記載している工事が対象となります

補助金の交付申請は郵送でもできますか

申請は窓口で手続きをお願いします (請求書は郵送可能)

補助金の申請は本人がいなければ出来ませんか

やむを得ない場合は親族でも申請を受け付けます

補助金は、いつもらえますか

交付決定通知を受け取り、請求書提出後2ヶ月以内

工事が完成した後でも補助金の申請は出来ますか

原則としてリフォーム工事着手前に事前相談をして下さい、着手前状況確認できなかった場合、補助金を受け取ることが出来ません

工事の予定が、かなり先になるが、補助金が受け取れる予約は出来ますか

リフォーム工事完成後の申請受付順で、予算額を超えた時点で、申請の締め切りとなります

 

6.申請の流れと注意事項

 

①事前相談

建設課窓口で、工事の概要について事前に相談をして下さい

(図面や写真等の資料をご持参下さい)

②申請書類提出

忠岡町子育て世帯等住宅リフォーム補助金交付申請書(様式第1号)に必要事項をご記入の上、添付書類を添えて提出してください(要件のすべてに該当していないと受理できません)

③役場内の審査と手続き完了後に交付決定通知書と請求書を送付

忠岡町子育て世帯等住宅リフォーム補助金交付決定通知書(様式第3号)及び忠岡町子育て世帯等住宅リフォーム補助金交付請求書(様式第8号)をご自宅に送付します

④請求書の提出

請求書に必要事項を記入し、署名・捺印の上、役場建設課に提出してください

請求書の提出が遅れると支払いできない場合がありますので、注意してください

⑤補助金の支払い

ご指定の金融機関に補助金を振り込みます (請求書提出後2ヵ月以内)

 

【様式】

 

【様式第1号】住宅リフォーム補助金申請書(PDF)

【様式第2号】住宅リフォーム誓約書(PDF)

事前協議書

子育てリフォーム住宅リフォーム補助制度リーフレット(PDF)