児童手当

児童手当制度について

 家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とし、中学校修了前までの児童を養育している方に支給します。

 

児童手当の支給額 (月額)

1.所得制限額未満の方

  ・3歳未満:15,000円(一律)

  ・3歳以上~小学生:10,000円(第3子以降は15,000円)

  ・中学生:10,000円(一律)

   ※第何子の数え方

請求者(受給者)が監護する児童で、18歳に達した後の最初の3月31日までの間にある児童を年齢の高い順から第1子、第2子と数えます。

2.所得制限額以上の方

  ・5,000円(一律)

   所得制限     扶養親族の数     所得制限額

              0人       622万円

              1人       660万円

              2人       698万円

              3人       736万円

              4人       774万円

 

支給月  

 ・6月期 (2月~5月分)

 ・10月期(6月~9月分)

 ・2月期(10月~1月分)

 

請求手続きについて    ※公務員の方は勤務先へ申請してください   

 出生、転入等により受給資格が生じた場合、役場2階健康こども課で申請してください。申請日の翌月分から支給します。

 なお、出生の場合は出生日の翌日から起算して15日以内に、転入の場合は転出予定日の翌日から起算して15日以内に申請すれば、出生、転入等の日の翌月分から支給されます。

 

申請に必要なもの

 ・請求者名義の金融機関の通帳又は口座等のわかるもの

 ・請求者の健康保険証

 ・請求者及び配偶者の個人番号がわかるもの

 ・請求者(代理人)の身元確認ができるもの

 ・印鑑(シャチハタ印は不可)

 (注意)受給資格確認のため、この他に書類の提出をお願いさせていただく場合があります。

 

健康保険証…児童手当では、請求者が被用者(国民年金以外の方)であるか、非被用者(国民年金の方または年金未加入の方)であるかによって、国・県・市での児童手当の費用の負担割合が異なります。そのため、その事実を明らかにすることができる書類として、健康保険証が必要です。

 

 

種届出について

 現況届・・・6月1日の状況をご記入いただき、引き続き児童手当を受給できる要件にあるか、また、所得制限にかかるかを確認します。

       この届出がないと、6月分以降の児童手当が受給できなくなりますので、必ず提出してください。

 額改定認定請求書・・・出生などにより子どもが増えた場合

 額改定届・・・支給対象となる子どもが減った場合

 事由消滅届・・・他市町村へ転出した、離婚して子どもを監護しなくなった、受給者が公務員になった場合など

  ※町内転居、氏名変更、金融機関変更等も届出が必要です。

 

問合せ先 役場2階 健康こども課 22-1122