忠岡町橋梁長寿命化修繕計画

 

 橋梁の長寿命化修繕計画は、今後老朽化する橋梁数の増大に対応するため、地方公共団体自ら計画を策定することにより、従来の「対症的な修繕及び架替え」から「予防的な修繕及び計画的な架替えへ」の転換を図ると共に、橋梁の長寿命化並びに橋梁の修繕及び架替えに係る費用の縮減を図ることを目的として、主要道路橋3橋について「忠岡町橋梁長寿命化修繕計画」を策定しました。

 また、平成26年7月の道路法施行規則一部改正により、近接目視による定期点検(5年に1回)が義務化され、本町においても全ての橋りょうでの近接目視による定期点検を実施し、令和3年12月に「忠岡町橋梁長寿命化計画」を策定しました。

 

  ・ 忠岡町橋梁長寿命化計画  (令和3年12月策定)

 

  ・ 忠岡町橋梁長寿命化修繕計画(平成24年3月策定)