まちの木

忠岡町のまちの木「くす」

 

くすの木は、四季を通じて緑を保ち、公害に強く防虫にも適し、樹齢を重ねることが容易であり、長寿を象徴するものとして町の木に選定しました。

 

 

制定:昭和48年7月26日