自転車運転者講習制度

 

 

 平成26年中の自転車関連事故は、109,269件で全事故の2割をしめています。現在、自転車運転者のルール無視やマナー

の悪さが問題となっていますが、自転車は「車のなかま」で自転車運転者も責任が問われます。 

平成27年6月1日から、「自転車運転者講習制度」がスタートし、危険なルール違反をくり返すと自転車運転者講習を受け

ることになります。

 

※14歳以上が対象となります。

 

《自転車運転者講習》受講義務の対象となる「危険行為」は、次の14項目です。

 

1.信号無視

2.通行禁止違反(歩行者専用道路の通行)

3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

4.通行区分違反(歩道通行や車道の右側通行など)

5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害

6.遮断踏み切りへの立ち入り

7交差点の安全進行義務違反

8.交差点優先車妨害(右折時の直進車や左折車への通行妨害)

9.環状交差点の安全進行義務違反

10.指定場所一時不停止

11.歩道通行時の通行方法違反(歩道での歩行者妨害)

12.制御装置(ブレーキ)不良の自転車運転

13.酒酔い運転

14.安全運転義務違反(※)

 

※安全運転義務違反とはハンドル・ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ道路交通及び当該車両等の状況に応じ、

他人に危害を及ぼさない方法で運転しなければならない、と言う定めでスマートホンや携帯電話を操作しながら、音楽を

聴きながら等も含まれます。

 

 

 

自転車運転者が

  1.   3年以内に2回以上危険行為を繰り返す。

交通の危険を防止するため、都道府県公安委員会が講習を受けるように命令

講習の受講

  講習時間:3時間

  講習手数料:5,700円

  (標準額)

 

受講命令に違反し、受講しない場合・・・5万円以下の罰金

 

 自転車安全利用5則

    1.    1.自転車は、車道が原則、歩道は例外
    2.    2.車道は左側を通行
    3.    3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
    4.    4.安全ルールを守る

    ♦ 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

    ♦ 夜間はライトを点灯

    ♦ 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

  5.子供はヘルメットを着用