固定資産税の減免について

 

 納税者や課税対象に特別の事情があるときには、固定資産税の減免が認められる場合があります。減免を受けようとする方は、減免申請書に必要書類を添付して納期限までに提出してください。また、減免の対象となるのは納期限未到来分に限り、すでに納付されている税額は減免されません。

 

  高齢者等に係る減免

 

  以下のすべての要件に該当した場合、次の減免割合が適用されます。

 

  減免割合 固定資産税額の2分の1

    ※共有物件の場合は、持分按分後の税額の2分の1

 

番号

要件

詳細
1  

 所有者要件

1

 

いずれか1つ

1月1日現在で65歳以上
特別障がい者
寡婦 又は 寡夫
2  町内に存する自己居住用資産に住民登録をしている
3

 町内に存する自己居住用資産に居住している

※自己居住用資産・・・減免対象者又は相続人が居住する資産

2  所得要件

 前年度の町府民税が、生計を一にする者全員が

均等割非課税以下である

生計を

一に

する者

とは

税法上の扶養親族(他市町村の扶養者含む)
健康保険上の扶養親族
同一敷地内に居住する三親等までの家族
3  資産要件  1

 1月1日現在で、所有者又は相続人が居住する

自己居住用資産のみ

 2

家屋の延べ床面積が70㎡以下

ただし、共有物件でも持分按分する前の床面積

 3

全家屋の延べ床面積に占める居住用の

面積の割合は2分の1以上

 4

敷地上にある全家屋の建て床面積に占める

居住用の建て床面積の割合は4分の1以上

 年税額要件  

年税額5万円以下

ただし、共有物件でも持分按分する前の年税額

 

  必要書類

1 町税減免申請書 
2 マイナンバーカードのコピー等
3  特別障がい者の場合、障がい者手帳のコピー

 

 


 

 

  生活保護法の規定による扶助を受ける者が所有する固定資産に係る減免

 

要件  生活保護を受給されている人
必要書類 1  町税減免申請書
 2  マイナンバーカードのコピー等
3 生活保護受給証明書

 

 

 

 


 私道に係る減免

要件

 1.私道部分に私有物(自家用車等)を置かないこと

 2.公道と私道が接する部分を障害物等で閉鎖しないこと

 3.何々の私道であるという立看板等を置かないこと

 4.道路としての目的以外には使用しないこと

 5.当該道路図面及び付近見取り図の添付

 

期間

 減免の申請書が提出された年度の翌年度から、減免の対象とする。

 (町税条例34条)

 

 

 


お問い合わせ


忠岡町役場 住民部税務課 固定資産税係

〒595-0805

大阪府泉北郡忠岡町忠岡東1-34-1

0725-22-1122(代表)