受益者負担金制度について

下水道の工事や維持・管理には、莫大な費用がかかります。

また、せっかく下水道が家の前まで敷設されても、各家庭で水洗化・排水設備工事をしていただかなければ、下水道は住環境の改善に役立ちません。

そのため、下水道の建設によって直接利益を受ける土地所有者や権利者から、下水道建設費の一部を負担して頂いております。

 

負担金を納めていただく方(受益者)

下水道事業の施行区域内に土地をもっている方(所有者)、又はその土地に権利(地上権、永小作権、質権、使用貸借又は賃貸借による権利)をもっている方(権利者)が受益者となります。

 

負担していただく額

負担区の事業費から、国・府の補助金を除した額の一部を受益地の面積に応じ負担していただきます。

 

負担区名 地域 1㎡あたりの負担額
西武負担区

新浜1・2丁目

忠岡南2・3丁目

忠岡中2・3丁目

忠岡北2・3丁目

263円/㎡
中部負担区

忠岡南1丁目

忠岡中1丁目

忠岡北1丁目

忠岡東1・2・3丁目

298円/㎡
東部負担区

馬瀬1・2・3丁目

北出1・2・3丁目

高月南1・2・3丁目

高月北1・2丁目

340円/㎡